2015年12月13日

14倍の歓び

東京に帰っても、たいていは、家の近辺を父と散歩したり
経堂・下北沢・二子玉川など、行動範囲が限られがちなのだけど
今回は、すこぶるオシャレな代官山に、5日間も足を運ぶことができた。

というのも、姉のお花のアトリエ展が、代官山と恵比寿の間の
ソラノハコ(空箱)という、かわいいギャラリーで開催されたから

Gallergy Sora no Hako.jpg

今回は、アトリエ創立25周年ということで、姉とアトリエに関わってくださってる
総勢13名のスタッフさんたち全員が、作品を出品することに

5年前の個展のときは、着いた早々パソコンでラベル作りとかやったけど
今回は、そういう作業の超得意なスタッフさんたちのおかげで
私が着いた頃には、全てが整然とオーガナイズされてた。

前日の搬入日も、車への積み込みから、作品のディスプレイ、飾りつけ
裏の部屋の整頓まで、3時間という時間制限の中で、スムーズに終了

月の部屋、星の部屋、エントランスと、3つの別々の空間に
リースは天井からつるし、かご類は下の方に
小さなものは棚の中、大きめのものは、テーブルの上など
事前に撮った写真の配置通りに、ピタッと納まった。

work 2.jpg
one of Yuyu's wreaths.jpg
work 3.jpg

「そのぐらい普通でしょ?」と思う人も、少なくないかもしれないけど
なんで、これがけっこうすごいことだったかっていうと
この姉のアトリエというのが、普段から、何ともスローで、優雅で、アナログな空間だから...

スタッフさんも、若くて40代、中心は50、60代の女性たち
(もちろん、見かけはすっごく若々しくて、信じられないのだけど)

姉をはじめ、どんな状況でも、イライラして声を上げるような場面は一切ないし
みんなが、礼儀正しくて、思いやりに満ちてて、笑顔をたやさない。

勝手のよくわからない私がウロウロしてても、感じよく、接してくれるし
お互いへのリスペクトを欠かさない、すてきな人たちなのだ。

日も暮れた、帰り際、八ヶ岳の林からもらってきたという、大きな枝のディスプレイが、窓越しに...

20151128_1845535.jpg

当日は、それまでの曇り空から一転して、朝から快晴
そのポカポカ気候が、開催中ずっと続いた。

おかげで、ギャラリーに訪問された方へのお礼に、と提供した
無料での、クリスマスの飾りワークショップも
陽が当たる外のテラスで、気持ちよく受けていただくことができた。

swag making.jpg

スタッフさんたちのご家族やお友達も、たくさん見えて
作品のご披露だけではなく、みなさんの交流の場にもなった5日間だった。

多くの作品を買ってもらえたということも、作家さんとしては、うれしいことだけど
何よりもの成果は、みんなの力が結集して、あんなにすてきな展示会ができたという
達成感だったかも...

打ち上げでの、みなさんからの一言にも、「感謝」って言う言葉が飛び交ってた。

お互いに感謝し合って、歓びを共にできる場があるって、本当に幸せなこと

14倍の歓び

お花が大好きで、クリエイティブで、やさしい方々に囲まれて
私も、たっぷり、元気をいただきました。

Congraulations and thank you so much!!!

Winter Morning.jpg

posted by bianka at 12:44| Comment(1) | つながり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
人生の長い流れから見たら、たった5日間の展示会でしたけど、
14名のメンバーが気持ちをぴったりと合わせ...
制作は個々に自由に、それでいて 展示してみるとハーモニーがうまれて、
お天気に恵まれた五日間は、ゆっくりとだけど歩き続けてきたアトリエの25年の歩みを
祝福してくれているようでした。
遥か遠い地から いつも見守ってくれているちゃこからの時間もお金も体や気持ちも
沢山使ったサポート...
その大きな愛に包まれ、幸せをいっぱい感じた会になりました。
この時間を共有できて、嬉しかったです。
どうもありがとう!
Posted by yuyu at 2015年12月29日 15:44
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。